ログインページ

新着情報 
2020年02月05日 19時08分 - NEWS・新着情報 作成者 martinus(管理者)
新着情報

Church 教会

1629112日は米沢の殉教された日、それゆえ、カトリック米沢教会とうして、それを記念するために2020112(日曜日)殉教者の記念ミサを捧げて、教会から北山原まで歩ける人たちは十字架を背負って巡礼する。歩けない人たちは十字架を背負って、北山原の近くまで車で、歩く人たちと待ち合わせ北山原殉教地へ巡礼する。さらに、いけない人たちには聖堂で残して、巡礼行った人たちを支えながら、共にロザリオの祈りを捧げます。そして最後に皆が戻ってきてから一緒に祈りで終わりになります。


写真の説明
祭壇の前に下から
赤布:殉教者の流された血とうして記ししています。
竹の十字架:1629年1月12日、当時米沢にいるカトリック信者、53名(57名)南原地区、下花沢地区、また北山原で巡礼された。この竹は米沢地方の殉教者たちのしるしとしています。この十字架を持ちながら、教会から北山原殉教地まで歩く巡礼をします。
白い布:この布はお葬式の時に使われてある白い布です。この布はお棺に掛れっている布です。この布の記しの意味は:全ての自分の持っている悪事、悪意、汚れた行うを退け、死んで神に信頼しながら良い一歩一歩を向けって、希望、信仰と感心を持って、出来ることから努力知るよう。
キリスト御像:今まで使われているキリスト御像は神へに向けて(エリ、エリァ、アサバクタニ)のようなの姿から新キリスト御像を変える。これからの新たな心、希望、努力出来る良いにキリストの頂いた力を進めて生きたい。

武士道:殉教者たち、ルイス甘粕右衛門と仲間たち、当時北山原まで歩いた道。